ロゴ
HOME>お役立ち情報>マンガが好きなら【専門学校で学びプロを目指す】

マンガが好きなら【専門学校で学びプロを目指す】

マンガ

マンガ専門学校のカリキュラム内容

マンガで表現できる内容は、無限大に存在します。自分の価値観が必ず社会の万人に受け入れられるとは限らず、マンガ家としてデビューするためには、社会に認めてもらえる腕を身につけるために専門学校に通われるのも大切でしょう。専門学校の中でもカリキュラムは様々かもしれませんが、学校によっては、コミュニケーション能力を高める内容も用意されています。クリエイターとして、業界で働くための人とのコミュニケーションを高める目的のみならず、実際に人を通して感性を高める目的も隠されているのです。マンガ家として最も大切な内容は、絵の上手さでは無く、意外性のある発想力と期待性のある発想力です。意外性のある内容でなければ、人々の多くはつまらない作品だと思われてしまいます。期待通りの内容でないと、話が理解できなくなってしまう場合もあるはずです。カリキュラムの中には、この二つの力を養う内容が含まれている場合もあります。もちろん、専門学校では、絵の力量を高めるために、空間デザイン力、デッサンなどの絵に関わるカリキュラムも用意されています。

絵を書く人

マンガ専門学校に通うメリット

専門学校には、マンガ家を目指すために、同じ考えの同志が集まっています。感性や価値観もそれぞれ違い、客観的な視点からアドバイスを受けやすい場合もあるでしょう。独学だけでは、独断偏見な独自の世界観に縛られる可能性もあるはずです。専門学校に通えば、自身の視野が広がるだけでは無く、他者からの刺激が自分の中で新たな化学反応を起こさせてくれます。専門学校の目的は、マンガが描けるだけの力を養ってもらう内容だけでありません。社会に出て、プロとして認められてもらう育成を心がけています。そのため、業界での情報量も数多く、業界が求めるマンガ家をより把握されている場合もあるのです。実際に、出版社と人間関係を持ち合わせている場合もあり、必要な要素についてより把握されている可能性もあるでしょう。専門学校の卒業後における就職先には、プロのマンガ家のアシスタントや、その腕を求める会社などもあります。学校によっては、その様な人々と人脈を持ち合わせている場合もあり、個人ではなかなか採用されにくい場所でも採用される可能性が高いメリットもあるのです。

広告募集中