ロゴ

多くの人がゲームに魅了されている理由

ゲームは、ボードゲームなどのアナログゲームで大勢で楽しむこともできます。また。コンピュータゲームなどで一人や複数人で手軽に楽しむことができますので、多くの人に魅了されているのです。

ゲームデザイナーとゲームプランナーの違い

ゲームデザイナーとは

ゲームデザイナーとは英語圏で呼ばれる名称で、ゲームのストーリーを設計したり、ゲームに必要なシステムを設計したりする人です。すなわち、ゲームの企画や発案をする人のことをいいます。

ゲームプランナーとは

ゲームプランナーとは日本語英語で呼ばれる名称で、ゲームデザイナーと職種や役割は変わりません。ゲームプランナーとは、どういうゲームにしていくかを考えて設計していく人のことをいいます。

好きなことを仕事にしよう

自分の一生の仕事を選ぶためには、好きなことを仕事にすることが良いことでしょう。例えば、ゲームデザイナーになるには、ゲームが好きで詳しくないとなることができません。ゲームを好きでいることで、はじめてゲームのストーリーや構成を考えることができるのです。

ゲームデザイナーになるには学校へ行って知識を得よう

PC操作

ゲームデザイナーに必要な資質

ゲームデザイナーになるには、いろいろな資質がとても大切になります。まず、必ず必要なことは、その時代に沿った感性やセンスです。ゲームの特徴はとても流れが早く、時代によってどんどんと変化していきます。その中で、その流れについていける感性やセンスを持っていなければ、ゲームデザイナーとしてすぐに通用しなくなります。
また、開発する専門的な技術も、必要な要素の一つです。実際にゲームを開発する専門的な技術がないと、いくら素晴らしい設計をしたとしても、それがシステム的に実現できるかどうかを判断することができないのです。しかし、ゲームデザイナーになるために一番大切な要素は、ゲームが好きだという情熱です。なぜなら、情熱はどんなハンデも乗り越えることができるからです。

ゲーム機

ゲームデザイナーになる為に取得しておきたい技術

ゲームデザイナーとは、どのようなゲームにするのかを設計して構築していく人のことです。そのため、ゲームデザイナーは、ゲームのキャラクターを考えたり背景や情景などをデザインしたりしなければなりません。また、ゲームのストーリーを考えて、システム的にストーリーをどのように構築していくのかも考えなければなりません。
このように、ゲームデザイナーになるには、デザインを構築するためのコンピュータグラフィックスや、システムを構築するプログラミングなどの専門的な技術があった方が良いでしょう。そのため、コンピュータやゲーム系の専門学校に入ってプログラミング技術を学んだり、デザインの勉強を学んだりするために美術大学や専門学校などで学ぶことが必要です。

ゲームデザインを学びたいと考えている人からの質問

学生

どのような学校に行くことが良いのでしょうか?

ゲームデザインを学ぶためには、ゲームデザインを専門に勉強をしている学部や学科がある学校へ行くのが良いです。そこで勉強すれば、専門的な勉強ができます。また、専門学校では、より集中的に専門的なことが学べるでしょう。

グラフィックデザインが学べる専門学校ならコチラ!

広告募集中